お産の女神様降臨!

すっかり秋になりました。

今年のみき助産院の夏は大忙しでした。

今年は8月、9月と合わせて4人もの赤ちゃんが生まれて、また産後ケア入院の方もたくさんありました。

CIMG1177.JPGCIMG1291.JPG



















お産してくださったどのお母さんも、素敵な家族のストーリーがあり、とってあったかくて、楽しくて、幸せなお産をしてくださいました。

CIMG1221.JPG
CIMG1295.JPG



















一人一人、エピソードをお伝えしたいのですが、
全部語りつくせないので、お一人のエピソードです。

この夏のお産で、他のお母さんにも、助産師にも大きな影響を与えてくれた6人目の出産のお母さんがいらっしゃいました。

3人目の出産から、お産のことがよくわかるようになったというお母さん。
第1子の時に、「お産の神様」と言われたドクターに

「お産のことは、DNAの中に組み込まれているから、勉強はしなくてよい。しないほうがお産がちゃんとできる。」と教えてもらったそうです。
それから、そのお母さんは先生の言葉に忠実に、本は読まず。
ネットの検索もせず。
ただ、自分の体と、赤ちゃんからののメッセージを大切にお産をしてこられました。

みき助産院での6人目の赤ちゃんの出産。
もう、それは完全にお母さんと赤ちゃん主体のお産。
助産師は、ただお母さんの言われるままにサポートするだけです。

「今、内診したら生まれそうだから、家族が来るまで内診は待ってください。」

「陣痛が来る前に、赤ちゃんが「お母さん行くよ~。」と胎動で知らせてくれる。
そしたら、陣痛が来るんです。」

「もうすぐ破水しそうです。」

「もう、うまれるからお父さん呼んできて。」

そんな風に、お母さんがお産の進行状況をしっかりと教えてくださいました。

どうして、そんなことがわかるんですか?

と聞くと、自分が感じたことを教えてくださり、助産師皆がとても勉強させていただきました。

その後、2人のお母さんがお産されましたが、そのお母さんとお話して、お産のヒントをもらって

赤ちゃんと息を合わせて、素晴らしいお産をされました。

まさしく、みき助産院にとっては「お産の女神様が降臨した!」と思うような出来事でした。

こんな、素敵なお産があることを

たくさんのお母さんと家族に体験してもらいたいです。








このブログ記事について

このページは、miki-shinguが2019年10月26日 14:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「令和初めての赤ちゃんが生まれました!」です。

次のブログ記事は「「お母さんと赤ちゃんが安心して過ごせる環境がなくなる?!」 みき助産院は困っています!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12
Check