更年期にむけてできること

こんにちは。

みき助産院院長みきさんです。

私も、50歳を目前に、いよいよ体から更年期のお知らせがちらほらと届くようになってきました。
(月経不順、自律神経のみだれ、体調不良、疲労感、泌尿器系、消化器系のトラブル、身体のあちこちの痛みなど)


更年期とは、閉経をはさんだ前後5年、約10年間の時期を指します。
50歳過ぎに閉経する人が大部分なので、一般的には45歳~55歳くらいの時期が更年期にあたる時期と言われます。
更年期の症状が本格的に出始めるのは40歳後半くらい。

更年期は初潮を迎えてから、ず~と働いていてくれた卵巣が、もうお役目終わりましたとお休みに入られます。
卵巣がお休みすると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下することで、様々な老化現象が始まります。

煩わしい月経が終わってラッキーという人もいらっしゃいますが、様々な不定愁訴が起こる方もあります。
ここで、影響してくるのがどんなお産をして、どんな産後を過ごしたかということ!

産後、無理をしていたひとは、更年期のからだの機能が低下するときにいろんな症状がでやすくなります。

例えば、産後に尿もれがひどかった、長く続いたという人は
更年期に再びその症状がでやすくなったりします。

母乳育児でトラブルが多かったり、卒乳後しこりがあってもそのままにしていたりすると、乳房が痛くなったり、気になる症状があったり。

産後うつなど、自律神経で困った方はうつ症状がでやすかったり・・・。

ああ~手遅れだ・・・と思った方!

大丈夫です!

気づいた時がその時です!

更年期が本格的に始まるまえに、楽しく自分の心とからだと仲良くすることを始めましょう!

運動を始めるのもよし。
健康診断を受けるのもよし。
自分の心と向き合う講座をうけるのもよし。
新しいことにチャレンジするのもよし。

みきさんは、5年前からベリーダンスをしています。
ベリーダンスというと、男性を喜ばせるダンスと思う方もいるかもしれません。実は最初私もそんなイメージでした。
でも、ちがうのです!

ベリーダンスは、女性の健康維持に最適のダンスです。
と、いうのはベリーダンスは美容や健康への効果があり、インナーマッスルや、女性に大切な骨盤底筋群のトレーニングになる動きがとても多いのです。
実際にやってみると、ほんとにいろんなところの柔軟性と筋力が必要です。

52766819_2038553816199237_4847306257838637056_n.jpg

只今、みきさんは春の発表会に向けてレッスン中。
(開催は5月19日日曜日市政記念館)

これは、ファンベールというベリーダンスの小道具です。

これを美しくなびかせるには、かなりの筋力が必要です。

レッスンしながら、自分の体力の衰えを感じながらも
年齢に逆行して、健康で美しくなる!と心に決めて

筋力をつけて、このベールをもってステージで感動のダンスをしていることをイメージしながら、気分はわくわくしています。

いつまでも美しく、健康で、素敵な女性を目指して

更年期への準備にぜひ、40代、50代、60代の自分をイメージして、皆さんも自分がわくわくする楽しいことを見つけていきませんか?

このブログ記事について

このページは、miki-shinguが2019年4月23日 12:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「夫婦で聞く卒乳のお話」」です。

次のブログ記事は「ゴールデンウィークのお休みのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12
Check