生理のお話し

先日、看護学校の授業と、ほっとハウスで生理痛をはじめ、月経に関わる体調不良についてのお話をしました。

そこで、学生さんにも、ほっとハウスのお母さん方にも以下の項目が当てはまるものがあるか、チェックしてもらいました。


健康、元気チェック!


□ 朝食はほとんど食べない。食べても菓子パンなどで簡単にすませている。

□ 食事時間が決まっていない。
□ インスタント食品やファーストフードをよく食べる。

□ 甘いもの、スナック菓子には目がない。
□ 果物が好きで、よく食べる。(1日1個以上)

□ 冷たい飲料をよく飲む(1日コップ1杯以上)

□ 食事制限、ダイエットをよくする。
□ 水分をあまりとらない。
□ 冷え性
□ お風呂は湯船に入らず、シャワーだけですませることが多い。

□ 便秘症(2日以上排便がない。毎日あっても便が固い、スムーズに出ない)
□ 就寝時間が0時を超えることが多い。
□ 夜ねつきが悪い、または途中でよく目が覚める。

□ ストレスを感じて、気分が晴れないことが多い。

この項目は、ふだんから私が今までの経験で、お産や母乳育児がうまくいかない方によくある生活の典型的なものです。
この項目が当てはまる方ほど、ホルモンと仲良くできない生活になり、お産や母乳育児はもちろん、
婦人科系の病気になったり、月経痛や月経前症候群の症状がひどくなられています。

今回、このチェックをしてもらったところ、5~8個当てはまるという学生さんが最も多く、学生さんたちの健康を心配しました。
ほっとハウスでのお母さんも、何らかの月経に伴う症状で悩んでおられるかたは、この項目のチェックが5個以上~ほとんどあたる。という方でした。

助産院で自分の力と赤ちゃんの力でお産をできる方は、おそらくこの項目はあたることはゼロ。
最低でも2~3個までです。

中には、13項目ほとんど当てはまるという方もあり、本当に婦人科疾患で苦しまないためにも、早急に生活改善してほしいなと思いました。

そこで、今回はこんなレジメを作って
ホルモンと仲良くするための生活についてお話しました。
img007.jpg

























































どうか、一人でも多くの女性が、自分のからだと仲良くして、月経を快適に過ごし、自分と赤ちゃんの力でお産ができるようになってほしいなと切に願います。
さらに、自分の体を知ってほしいなと思って、こんなのも作りました。

img006.jpg




















ほっとハウスでは、このお話を30分でしました。
もっと、もっとこのお話を多くの女性にお伝えしたいです!

このブログ記事について

このページは、miki-shinguが2019年1月29日 21:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みきさんの「女性のための相談室」します」です。

次のブログ記事は「0.1.2歳のお子さんのいらっしゃる親御さんへお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12
Check