みき助産院のお約束「ありがとう」の言葉

こんにちは。

今日の舞鶴は・・・。
CIMG1018.JPG


寒いです!

写真には写りませんが、雪が吹雪いています。

1月、2月は、寒いし。
雪は降るし。
気分が落ちている方が多いです。
ブルーになっている人たくさんです。

仕方ありません!
冬は動物さんも冬眠しています。
人間も動物です。

こんな時は、おうちで温かくして、ゆっくり、まったりしてください。
何もする気になれない自分を「いいこ、いいこ」してあげてください。
そして、「私よく頑張ったなあ~偉いね~自分。」と自分にご褒美あげてください。


今まで頑張ってきた人は、お休みの時間だと思って。
春になったら気分もあがります。
今は、力をためる時。

どこかへ行きたい気分になった方は、みき助産院のゆるり☆きらりワークショップか、おうちカフェComeComeに来てください。
楽しい仲間が待っています。

次回のゆるり☆きらりワークショップは「赤ちゃんを迎えるお話会」です。

その前に、1月11日金曜日はスッキリ体操があります!
心と身体をスッキリさせたい方はどうぞ。

詳細はこちら(昨年の記事ですが)http://www.maipace.info/miki-midwife/2018/01/post-174.html


「赤ちゃんを迎えるお話会」

1月17日木曜日 10時~12時 
参加費 1000円(お茶とお菓子つき)

助産師も交えて、妊娠・出産・子育てのお話をします。
先輩お母さんから、体験談を聞いたり、自分の思いを話したりするなかで、新しい発見があります。
これから妊娠したい方、妊婦さん、産後の方、これから孫を迎える方も参加できます。
母子手帳をご持参ください。(我が子の、自分のでもいいです)

ご予約お待ちしています。

さて本題です。


みき助産院のお約束

みき助産院では、基本「ダメ」ということは何もありません。
でも、この言葉は禁句です。

「すいません」
「頑張ります」

なぜかと言うと、何も悪いことしていないのに
「すいません、ごめんなさい。」を使う方がとても多い!
この言葉を連用していると
自己肯定感が下がります。

だから、
みき助産院に来られる方には、できるだけ
「すいません」という言葉がでると

「ありがとう」 に変えて!

と言います。

「ありがとう」の方が言った方も、言われた方も気持ちが良くないですか?

子どもにお母さんは何も悪くないのに「ごめんね。」というお母さんがいます。
子どもに、「ごめんね。」を連発すると
子どもは「お母さんが悪い」という気持ちになります。
そして、自分は被害者になります。

お母さんが「ありがとう」と言うと
子どもは「お母さんが喜んでくれて嬉しい。」
「自分は人の役にたてる、人を喜ばせられる存在なんだ」と思って
自分に自信がつきます。

だから、
お母さんは、本当に間違ったり、約束破ったり、したのでなければ、
これからは「すいません」「ごめんね」がでそうになったら

「ありがとう」

に変えてください。

「ありがとう」は魔法のことば。

「ありがとう」をたくさん言ってもらった子どもは
「ありがとう」が言える子になります。

「ありがとう」は子どもの自信をつけます。
そして、言っている自分自身の自己肯定感があがります。

是非、「ありがとう」をいっぱい使ってください。


あと、褒められたときは、謙遜はなし。
「ありがとうございます。」と言って

ちゃんと、自分へのギフトを受け取ってください。
そうすると、今、自分はそうではないと思っていても、その褒められた通りの自分になれます。
(本当は褒められた時点でその通りの自分なんですけど・・・そう思っていないのは自分だけ。)


「がんばります」の言葉の話は、また次に・・・・。





このブログ記事について

このページは、miki-shinguが2019年1月 9日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の「きらり女子会」」です。

次のブログ記事は「春のコンサート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12
Check