2016年8月アーカイブ

助産院って何をしているの?という皆様へみき助産院で提供させていただいている業務内容を詳しくお知らせします。


みき助産院 業務内容ご案内

施設見学のみ(30分以内) 無料 

お気軽にご連絡ください。

 

妊婦相談(分娩、母乳育児、産後に向けてのカウセリング)60分)3000

お母さんの「産む力」赤ちゃんの「生まれる力」を最大限に生かすことができれば、お産はスムーズで、楽しい子育てのスタートができます。そのためには妊娠中から自分の心と体の声を聞きながらの健康管理が必要です。また、お産と産後の生活の準備、上のこどものこと、母乳育児へ向けての準備が必要です。お産、産後の準備をご一緒に考えさせていただきます。他施設で分娩予定の方もぜひ一度ご利用ください。
妊娠初期より他施設で妊婦健診するごとにご相談を受けさせていただきます。1回のご利用の方は37週以降に来院していただければ乳房ケアの準備もできます。前回母乳育児がうまくいかなかった方は特に出産前に手入れをしておくことが大切です。

育児相談、女性の心と体の相談など   3000円(60分)

赤ちゃんから思春期の子どもまでの育児相談、思春期から更年期までの女性の心と体についての悩みなどご相談ください。些細なことでも人に話すことで心が軽くなり、解決策が見えてきます。女性の一生の心と体の健康についての専門家としてお話を聞かせていただきます。

 

母乳育児相談(乳房ケアを含む)  初診料5000円(60分)

再診 4000円(60分)

家庭訪問 5000円(90分) 交通費別途 西地区500円 東地区1000円 

休日、時間外の時は1000円追加料金あり 

母乳育児はお産のあと1週間以内の授乳がうまくいくことで分泌が良好となりますが対応が遅くなるとホルモンの分泌が低下し、母乳分泌が少なくなります。母乳育児ご希望の方は退院されてからできるだけ早くご相談ください。
また、母乳が出ているのかわからない。赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれない。おっぱいを吸わせると泣く。という時はご相談ください。

おっぱいが張って痛い。乳首が痛い。乳首を引っ張る、噛む、きょろきょろしたり、手で押したり、暴れたりして集中して飲まない等の症状があるときは乳腺炎になりやすい状況ですのでお早めにご相談ください。

乳腺炎で発熱のある方は、病院へご紹介させていただくことがあります。 紹介状 3000円 

 

卒乳相談  3000円(60分)

卒乳は親子の初めての子離れ、親離れの大切な出来事です。お母さんや家族のちょっとした心構えで卒乳によって子どもが大きく成長し自信を持つことができます。お母さんにとっては子どもとの向き合い方、子育ての自分の姿勢を確認する時です。卒乳時の子どもの気持ち、お母さんの心構えやお母さんの体の変化などについて知っていただくことで、この貴重な機会を大切に子どもと信頼関係を持ちながら余裕を持って卒乳していただけるようにお手伝いさせていただきます。

ぜひ卒乳前にご相談ください。

 

卒乳後ケア 5000円(90分)

卒乳のケアをしておくことで、次回の母乳育児や更年期に向かうときの体の不安を少なくすることができます。卒乳ケアの時には自分の母乳育児を振り返り、母乳育児について自分の体で確認し理解を深めていただくことができます。今回は完全母乳でなかったという方も、卒乳後のケアをしておくことで、次の母乳育児をムーズにすることも可能です。

 

みき助産院でのお産について

助産院では、心身共に健康な体で、自分と赤ちゃんの力でお産をしていただきます。
お母さんが妊娠中、自分の心と体を大切にして生活することで安全でスムーズなお産ができます。また、お産と産後の準備をしておくことで心身ともに余裕を持ってお産に臨むことができます。病院への健診は助産師が常に付き添います

「助産業務ガイドライン」にそって、医療的に安全な範囲でお産をしていただき、異常が見られた場合は連携医療機関に受診、入院できるように医療との連携をしています。

 

妊婦健診

病院での妊婦健診付添、保健指導     2500円

当院では34~36週頃まで連携医療機関に妊婦健診に行っていただき、その時に日々の生活や気持ちをお聞きし、保健指導させていただきます。助産院には指導料として別途お支払いただきます。

助産院での妊婦健診  妊婦健診補助券+1000円

連携医療機関より助産院での健診を許可していただいてから(35~36週以降)は助産院での健診になります。

 

分娩料金

約46万円~(産科医療保障制度の保険料1万6千円込み)

※分娩時間により料金は増減します。

夫の宿泊3500円(食事1食付) 食事のみ1000円 子どもの食事500円

分娩経過中に病院へ転院した場合助産院での入院・分娩管理料等を実費でお支払いただきます。(約10~15万)

 

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12