2012年4月アーカイブ

4月24日(火)に第1回目のちぃぢゅさんとおしゃべりの会を開催しました。

P1000002.JPG
ちぃぢゅさんは、今までいろんな世代の女性と関わるお仕事をさてていた方で、現在孫育て中。
とってもお話の聞き上手な方です。

ちぃぢゅさんとおしゃべりの会では、思春期から更年期・老年期まで、いろんな世代の女性が、日頃感じる気持ちや、自分の心と体についてお話します。

女性の健康の専門家である助産師も参加しています。

この日の参加者は、妊婦さんから、子育て中のお母さん、現在孫育て中のかた、シングル女性と様々な世代の女性が集まりました。

最近実母がお亡くなりになり、送った。という話から、母と娘の関係について話が広がりました。

自分が子どもを産んで、初めて母親に感謝できるようになった。
母に褒められたことがない・・・。母へのいろんな思いがある。
娘が子どもを産んで、自分への態度も変わってきた。

などなど・・・。
話が深くて、ブログでお伝えできないのが残念ですが、
今までの子育てを語る会、お産を語る会とはまた違う、女性の人生全般にわった、深いお話ができました。

いくつになっても、死ぬまで、母と子の関係は続きます。
人の一生の中で、ずっと母の存在は大きく。
自分の強みも、弱いところも、母との関係から来ていたり・・・・。

次回は5月22日(火)です。今度はどんなお話ができるでしょうか・・・。わくわくです。







4月17日、コミュニティーカフェ・こころと体の健康サロン「ゆるり☆きらり」がOPENしました。

CIMG4735.JPG
開店と同時に、次々とお祝いの花などが届き、びっくり!

お祝いしてくださった皆様、ありがとうございました!!

CIMG4758.JPG


CIMG4743.JPG


CIMG4759.JPG
















CIMG4757.JPG
新聞にも掲載していただいたので、どれだけの人がいらっしゃるのか、ドキドキしましたが、

訪れた方は、21名うち布ナプキン講座の参加者5名でした。

部屋が狭くて、ゆっくりしていただけないかと心配しましたが、皆さんそれぞれ時間差で来てくださり、
ゆっくりお茶やケーキを味わっていただき、お買いものも楽しんでいただけました。

とっても穏やかな空気が漂っていたのか、人との出会い、お話の中で、初めて来られた方の中の2名もの方が、
「こんなにゆっくりしていていいんでしょうか?」と感動して涙を見せてくださいました。

ここにきて、泣いてくださる方がおられると、本当によかったな。と思います。

人の前で泣いたらダメ、歯を食いしばって頑張れ!という中で生きてきた人ばかりで、泣けないから、心が動かなくなってしんどくなっておられる方がいっぱいいらっしゃいます。

だから、ここへ来て、泣いて、心の中のもやもやを流して、笑顔になれれる方があると、本当にうれしいです。

CIMG4731.JPG
A dishさんの、パン、ケーキは大好評!

本日のケーキは、キャラメルりんごのチーズケーキと米粉シホン黒豆黄粉入り。

飲み物は、フェアートレードのコーヒー(有機栽培)
ハーブティー
ミカンジュース(100%)

コーヒーは、有機栽培といっても、味がいいのはなかなかないそうなのですが、このコーヒーはA dishさん一押しのコーヒー。

ミカンジュースは、酸味が少なくて、子ども達にも大好評でした。




CIMG4738.JPG布ナプキン作家HaLKaEさんの布ナプキンや、手作り小物、nakoさんの、おっぱいゴム、流々亭さんの赤ちゃん番茶などの委託販売もしています。

おすすめは、母子手帳入れ、赤ちゃんのお尻入れ拭きや、3つ入るポケットティッシュ入れ、母乳育児に必需品のおっぱいゴム!

妊婦さん、子育て中のお母さんのリクエストで出来上がった小物達です。

頼もしいゆるり☆きらりスタッフのおかげで、素敵な場所となりました。

スタッフの皆さん、ありがとう!これからもよろしくお願いします。

今日もカフェは営業しています。

今日からは、さらにゆったり、まったりの時間が流れていると思います。


4月、5月中はお産をされる方の予定がないので、カフェはしばらくはお休みなく月、水、金と営業していると思います。

ぜひ、お越しください。














本日コミュニティーカフェ・こころと体の健康サロン「ゆるり☆きらり」がOPENします。

いろんな世代の女性達が作るサークル「ゆるり☆きらり」のメンバーが楽しみながら今日まで準備をしてくれました。

CIMG4730.JPG
助産院横に入り口があります。

奥の方にありますので、よく見てくださいね。













CIMG4728.JPG
玄関を入るとこんな感じです。

カウンターに情報コーナーを作っています。

棚にはおすすめ絵本など・・・・。











CIMG4727.JPG
テーブル席ですが、足の具合の悪い年配の方にもゆっくりしていただきたくて、
カウンターに少し椅子も準備しました。














CIMG4729.JPG
天井を見上げるとこんな感じです。

舞鶴市民新聞さん、京都新聞さんに取材にきていただき、問いあわせの電話もいただいています。

嬉しいのが、問い合わせてくださったのが、年配の女性ばかり・・・・。

なぜ、うれしいかというと

今まで、助産院に来られるのは、妊娠中か、子育て世代が多く、もっと思春期から老年期まで、いろんな世代の女性に利用していただきたくて、「ゆるり☆きらり」は誕生したからです。

女性が一生を通じて、自分のこころと体を大切にしていきいきと生きてほしい。

そして笑顔で輝いてほしい。

そんな女性たちの思いがいっぱいつまったサロンです。

訪れた男性も、自分が来ていいんですか??「とってもいごごちがいい」と言ってくださいました。

男性も大歓迎です!

今日は、少し人の出入りが多いかもしれません。

スペースはそれほど広くありませんので
「ゆるり☆きらり」をゆっくり楽しみたい方は、本日開店日の17日以外に来てくださるとゆっくりしていただけると思います。


3月31日(土)、京都府助産師会主催、いきいき孫育て講座を開催しました。

CIMG4699.JPG
今回は、参加者16名。

助産師スタッフは10名。

ベテラン助産師達が、お手伝いしました。

初めに、赤ちゃんの抱き方、力の引き出し方のDVDを見て、皆さん熱心にメモをとっておられました。

赤ちゃんの発育にいい、抱っこの方法や運動のお話だったので、大変興味深かったようです。



次に孫家族との付き合い方についてグループでデスカッションしました。

CIMG4703.JPG

これから、孫が生まれる方、今日生まれたという方、今産後間もない娘のお世話をしている方、孫は大きくなったけど、関心がある講座だったので来てくださった方など、いろいろな参加者がおられましたが、とても話が弾んで、時間が足りないという感じでした。








本日のメインテーマ。沐浴実習です。

CIMG4718.JPG
 
皆さん、自分の子どもで経験のある方、見たことのある方ばかりなので、とても上手にされていました。

過去の記憶を思い出し、昔と今の違いなどを話しながら、和気あいあいと実習されました。

祖父母世代の役割は、親に変わって子育てをするのではなく、子育てにはいろんな方法がある、

細かいことではなく、大切なポイントは何なのか、大きな視点と大きな気持ちで見守りでサポートすることです。

親が助けを求めた時に、初めて手を差し伸べる。

困っている様子なら、何か手伝おうか?という一歩後ろから手を広げて待っているという役割です。

休憩時間には、麹を使った助産師お手製甘酒と孫に食べさせたい健康おやつを食べながら、ほっこり。

「じじ、ばばは、親には勝てない。孫と仲良くするには、美味しい健康的なおやつです~」などど冗談も交えながら、とっても楽しい講座だったとの感想をいただきました。

今日は、京都新聞社、市民新聞社さんにも取材していただきました。

この講座は、とてもニーズがあることがわかったので、来年度も開催する予定です。


このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12