2011年7月アーカイブ

おかだの里からお産といのちを守る会より、お勧めしたい映画の上映会のお知らせです。

自分は何のために生きてきているのか・・・自分はどうして存在しているのか・・・

この映画の監督は、命の原点である「うまれる」ことを映画にすることで、自分自身と両親との関係を振り返りながら映画を作られたそうです。

両親の不仲、虐待の経験から親になることに戸惑う夫婦。
出産予定日にわが子を失った夫婦。
子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦。
完治しない障がいをもつ子どもを育てる夫婦。

うまれることをテーマに、様々な家族のドラマがあり、その中から生きること、いのちとは、人との絆を考えさせられる映画です。


CIMG4096.JPG
小さなお子さんを連れた方も安心して見られるように、6ヶ月までの赤ちゃんなら同伴で鑑賞でき、託児も準備しています。

同じ子育て中の親が自主上映会を企画していますので安心してご来場いただけます。

お手伝いしてくださる方があればお声かけください。

日時 8月27日(土)

場所 舞鶴商工観光センター 5階コンベンションホール

①午前の部 10:00~赤ちゃん同伴タイム(6ヶ月まで)
②午後の部 14:00~

入場料 事前申し込み1000円 当日1200円
     子ども(小~高校生)一律500円

託児 あり(要予約)

申し込み 以下アドレスにお名前、連絡先、希望の上映時間①か②をご記入の上申し込みください。
eigaumareru@yahoo.co.jp

主催 おかだの里からお産といのちを守る会

問い合わせ 090-5884-9222(北山)

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12