今日は、神戸大学名誉教授の広木克行先生の講演会

「子どもがみんな笑える日まで」( NPO法人子育てサポートひょうたん山主催)

に参加してきました。

hirokisensei.jpg
広木先生は2年に1回は舞鶴に講演に来られていて、今回2年ぶりにまたお話を聞きました。

もう、7~8回聞いているという方もありました。
そんな長い間、講演会を企画されているのは子育てネットワーク(舞鶴・登校拒否を考える親の会)
の皆さんで、このような機会を作ってくださっていることに感謝です。

子育てネットワークは、1993年に発足され、毎月1回日曜日の午後1時~5時に懇談会を開催されています。
お子さんが、学校へ行けない、行きたくないという親御さんに参加していただけます。

みき助産院で開催している「十人十色」は平日開催なので、お仕事をされていて、日曜日なら参加できるという方は、こちらに参加されてはいかがでしょうか?
男性の方も参加されているので、お父さんも参加しやすいと思います。

次回は1月20日(日) 2月17日(日) 開催
13時~17時
参加費なし ただし、会場費として100円~300円程度(カンパ)
連絡先 安久まつ代さん TEL0773-75-5010


さて、広木先生のお話は
何度聞いても、深く、先生の人柄がにじみでるあったかい講演でした。

印象に残った内容は

最近、子どもの不登校、暴力、いじめ、問題行動が低年齢化して、小学校の低学年にまで広がっていること。
若い先生たちが、疲弊して、心を病んで、やめていく方がたくさんいるというお話に、本当に日本の教育はなんとかしないと・・・と思いました。

今の、日本の教育は会社で働ける人を作るための人材育成が中心で、人間育成という教育になっていないこと。

ニュージーランドなど、教育の進んだ国では、9歳までは、思いっきり自然のなかで遊ばせて、自分がどんなことが好きで、どんなことが得意なのか、その中で知ること。それから自分の学びたいことを見つけていくので、学びの意欲が違うこと。などを聞きました。

広木先生は、子どもの早期教育の弊害をずっと話されていましたが、いまだにその声は一部の人にしか届かず、早期教育をすすめる傾向が続いています。

不登校傾向の中学生が33万人、10人に一人といわれるいまこそ、子どもの育ちをどう保障していくのか考えなければならないと思います。

今、大学生の学生の相談に「将来何をしたらいいのかわからない」という悩みが多いそうです。
そんな、悩みを言われた時には
親には
子どもを比較の目で見ないこと。(普通はこうでしょ?とか、世間と比べて、誰かと比べることをしない。)
子どものどこが素敵か、その子らしさは何か、そんなことを伝えること。

子どもには、
目に見える学力だけでなく、目に見えない学力をつけること。
それは、自分が好きだと思うことをすること、好きなことを夢中でしているなかで、見えない学力がつく。
その中から、したいことが見つかること。

そんなアドバイスをされるそうです。

ほかにもいろいろ、いいお話があり、このお話を保護者の方、学校の先生や、保育園の先生、子育て支援に関わる人にもっと聞いてもらえたらなあと思いました。


余談ですが、広木先生は昭和20年生まれ。
樺太で生まれて、終戦で命からがら日本に家族で戻ってこられて、当時はたくさんの子どもが引き揚げの途中で亡くなる中、生き残ることができたそうです。でも、お母さんの母乳もでなくて、栄養失調で虚弱児となり小学校4年生の時でも1年生より小さかったそうです。(今は立派に大きくなられていますが)
お父さんは、シベリアに抑留されていたとのこと。
なんだか、引き揚げに、シベリア抑留と、舞鶴とのご縁を感じました。







Check "mixiのIDをお持ちならチェックしてください。"




49798823_400738080494249_6118354550089842688_n.jpg
先週から、日星高校の看護科の授業がはじまりました。

毎年、舞鶴医療センターの看護科と、日星高校の看護科に「母性看護概論」の授業に行かせていただいています。

日星高校では、高校2年生の授業をしているのですが、高校生が興味持ってくれるような、わかりやすい少しでも面白い授業を・・・と試行錯誤しています。
昨年からの久しぶりの授業でしたが、元気な学生さんたちにお話しするので、こちらもエネルギーをいただきました。

さて、今日は「頑張ります」の言葉について

昨日の夜、登山家、栗城史多さんのドキュメンタリーをNHK総合で放送していました。
栗城史多さんは、単独・無酸素でエベレストを目指しておられましたが、昨年、エベレストで滑落し天国へ帰っていかれました。
彼を支えた人達の温かさや、彼の生きざまに、いろいろと思うところがあり、考えさせられるドキュメンタリーでした。
この、ドキュメンタリーは若者に見てもらって、生き方について様々な思いを語れたらいい時間になるだろうなあと思いました。

その中で、彼を支えたネットユーザ達の言葉に、「頑張れ!」「私も頑張ります!」という言葉が多くみられたのが気になりました。
「頑張れ!」という言葉を私たちはよく使います。
だけど、私はその言葉を見ると複雑な気持ちになります。


みき助産院にやってくるお母さん達は頑張り屋さんがとっても多いです。
帰り際に「頑張ります!」と言うお母さんには
「頑張らなくていいよ~。ぼちぼちでね~。」と言います。

日本人って本当にたくさんの先輩方が頑張ってきてくださったおかげで、今の豊かな時代があるのだと思います。

だけど、子どものころから、みんな頑張り続けて、疲弊して、心の病気になっている大人も子どももたくさんの日本になってしまいました。

私自身も頑張り屋の親に育てられ、見事頑張り屋の私が育ちました。
だけど、たくさんのお母さんたちの出会いのなかで、頑張ってもうまくいかないことがあること、むしろ頑張らないほうがうまくいくことを知りました。

それは、みき助産院におっぱいのトラブルで来られるお母さんたちが、皆さん、とっても頑張り屋さんなこと。
お産に何らかのトラブルや、うまくいかないお母さんが、共通してとても頑張り屋さんなことに気づきました。
むしろ、あまり無理をせず、楽しくゆったりリラックスしているお母さんが、すーっとうまくいくのです。

お産も、お母さんがリラックスした瞬間に進むことが多いし。
おっぱいも、お母さんがリラックスすると、どんどん循環が良くなっていきます。

それは、なぜか?
妊娠、出産、母乳育児は、ホルモンがする仕事だからです。
ホルモンはお母さんがリラックスしているときにスムーズに働きます。

お母さんが、頑張っていて緊張していたり、疲れているとうまく働かきません。
だから、頑張り屋さんにトラブルが多いのだと気づきました。

ホルモンについては、頑張ってもうまくいかない。
むしろ、力を抜いて休んで、リラックスしたときにうまくいくのです。

だから、ホルモンにちゃんと働いてほしかったら、休むこと、リラックスすることも大切です。

だから、「頑張ってね」は禁句にしています。
「頑張ります」というお母さんには「頑張らなくていいよ。休んで。」と言います。

でも、「今まで、よく頑張ったね~。」という言葉は使います。
本当に、皆さん助産院に来るまでに頑張ってきておられるので。

「頑張る」の反対語は「怠ける」だそうですが、
最近、反対語は「感謝」だというお話が良くあります。

「頑張る」というのは「我を張る」という意味だそうです。
「私が頑張んなきゃ!」というのは自分を通すこと、我をはることだったのですね。

「自分が頑張んなきゃ」と一人で頑張ると
いろんな人に力を借りて感謝するということからは離れていく。
いろんな人に力を借りて、感謝できる人になれるといいですね。
そうすると、お産も、子育ても、人生も楽になります。

時には、「怠ける」こともとても大切だと私は思います。










Check "mixiのIDをお持ちならチェックしてください。"



春のコンサート

今日は、青空の見える良いお天気でした。
春の足音は着々と近づいてきています。
ふきのとうが芽生えるのをこころまちにしています。

さて、みき助産院で初のコンサートを開催します。

3月7日(木曜日)

この日は新月の日で、新月は新しいことを始めるのにいい日だそうです。

昨年末に泉源寺智性院で開催されたセレーナマリアさんのコンサートに参加して
マリアさんのセッションを受けてすっかりファンになってしまいました。

それからみき助産院の2階でマリアさんが歌っているイメージがうかんできて、
前回のコンサートの主催者の方を通して、「みき助産院でコンサートをしていただけませんか?」
とお願いしたら、快く引き受けてくださいました。

49612662_361215451358402_5811309816294932480_n.jpg
セレーナマリアさんは、ヒーリングアーティストであり、シンガーソングライター、音楽療法士、サウンドセラピストをされています。

素晴らしい歌と、美しい姿に、人としてとても惹かれる方です。

ご自身の様々な経験から、今はサウンドセラピストとしていろいろな悩みを持った方のセラピーもされています。

私が、あまりにも嬉しそうにセレーナマリアさんのコンサートをします!
と、このチラシを作る前に出会う人、出会う人に言っていたら、このチラシができた当日には定員20名がほとんどいっぱいになってしまいました。

コンサートをします!という報告だけになってしまって、ごめんなさい~!!

みき助産院の2階はそんなに広くないので本当に小規模なコンサートになります。
より、身近にセレーナマリアさんの癒しの音楽を感じていただけると思います。
また、マリアさんに一人の人として、女性としての人生経験や、いろんなお話を聞かせていただき、一緒にお話しができるお茶会も企画しています。

今回のコンサート、知っていたら行きたかった~!という方やアンコールリクエストがありましたら、今後もこのような企画を考えたいと思います。

コンサートの時に準備させていただきます、お茶とスイーツはおうちカフェComeComeのシェフのお手製です。

今回は、一人の人として、女性として参加していただきたく、お子様連れでなくお一人での参加をお願いしています。

自分のための、贅沢な、贅沢な時間をすごしていただけたらと思います。




Check "mixiのIDをお持ちならチェックしてください。"



こんにちは。

今日の舞鶴は・・・。
CIMG1018.JPG


寒いです!

写真には写りませんが、雪が吹雪いています。

1月、2月は、寒いし。
雪は降るし。
気分が落ちている方が多いです。
ブルーになっている人たくさんです。

仕方ありません!
冬は動物さんも冬眠しています。
人間も動物です。

こんな時は、おうちで温かくして、ゆっくり、まったりしてください。
何もする気になれない自分を「いいこ、いいこ」してあげてください。
そして、「私よく頑張ったなあ~偉いね~自分。」と自分にご褒美あげてください。


今まで頑張ってきた人は、お休みの時間だと思って。
春になったら気分もあがります。
今は、力をためる時。

どこかへ行きたい気分になった方は、みき助産院のゆるり☆きらりワークショップか、おうちカフェComeComeに来てください。
楽しい仲間が待っています。

次回のゆるり☆きらりワークショップは「赤ちゃんを迎えるお話会」です。

その前に、1月11日金曜日はスッキリ体操があります!
心と身体をスッキリさせたい方はどうぞ。

詳細はこちら(昨年の記事ですが)http://www.maipace.info/miki-midwife/2018/01/post-174.html


「赤ちゃんを迎えるお話会」

1月17日木曜日 10時~12時 
参加費 1000円(お茶とお菓子つき)

助産師も交えて、妊娠・出産・子育てのお話をします。
先輩お母さんから、体験談を聞いたり、自分の思いを話したりするなかで、新しい発見があります。
これから妊娠したい方、妊婦さん、産後の方、これから孫を迎える方も参加できます。
母子手帳をご持参ください。(我が子の、自分のでもいいです)

ご予約お待ちしています。

さて本題です。


みき助産院のお約束

みき助産院では、基本「ダメ」ということは何もありません。
でも、この言葉は禁句です。

「すいません」
「頑張ります」

なぜかと言うと、何も悪いことしていないのに
「すいません、ごめんなさい。」を使う方がとても多い!
この言葉を連用していると
自己肯定感が下がります。

だから、
みき助産院に来られる方には、できるだけ
「すいません」という言葉がでると

「ありがとう」 に変えて!

と言います。

「ありがとう」の方が言った方も、言われた方も気持ちが良くないですか?

子どもにお母さんは何も悪くないのに「ごめんね。」というお母さんがいます。
子どもに、「ごめんね。」を連発すると
子どもは「お母さんが悪い」という気持ちになります。
そして、自分は被害者になります。

お母さんが「ありがとう」と言うと
子どもは「お母さんが喜んでくれて嬉しい。」
「自分は人の役にたてる、人を喜ばせられる存在なんだ」と思って
自分に自信がつきます。

だから、
お母さんは、本当に間違ったり、約束破ったり、したのでなければ、
これからは「すいません」「ごめんね」がでそうになったら

「ありがとう」

に変えてください。

「ありがとう」は魔法のことば。

「ありがとう」をたくさん言ってもらった子どもは
「ありがとう」が言える子になります。

「ありがとう」は子どもの自信をつけます。
そして、言っている自分自身の自己肯定感があがります。

是非、「ありがとう」をいっぱい使ってください。


あと、褒められたときは、謙遜はなし。
「ありがとうございます。」と言って

ちゃんと、自分へのギフトを受け取ってください。
そうすると、今、自分はそうではないと思っていても、その褒められた通りの自分になれます。
(本当は褒められた時点でその通りの自分なんですけど・・・そう思っていないのは自分だけ。)


「がんばります」の言葉の話は、また次に・・・・。





Check "mixiのIDをお持ちならチェックしてください。"



今日は、「きらり女子会」でした。

新年から参加者8名とにぎやかな会になりました。
笑いと、皆が感心する「へえ~そうなんだあ」という言葉がたくさんでした。

楽しすぎて写真撮るの忘れてしまいました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

suisenn.JPG

なので、今日の写真はこれです。
気温は寒いけれど、春は着々と近づいてきています。

今日は、自分の思い込みを疑う。
自分にチャレンジする。
自分を中心に生きる。

というようなテーマになりました。

初めて参加された方は、「今日来てよかった~。」と笑顔で帰っていただけました。
ブログでは伝わらないので、
気になる方はぜひ一度ご参加ください。



Check "mixiのIDをお持ちならチェックしてください。"



アイテム

  • hirokisensei.jpg
  • 49612662_361215451358402_5811309816294932480_n.jpg
  • 49798823_400738080494249_6118354550089842688_n.jpg
  • CIMG1018.JPG
  • CIMG1011.JPG
  • 水仙.JPG
  • suisenn.JPG
  • CIMG1012.JPG
  • CIMG1017.JPG
  • 49756115_725587921161668_1105971378848268288_n.jpg

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12